ソのままの図書館。

管理人のサイト「ソのままの空に」の小説保管所。最近は擬人化小説に浮気気味。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

田舎編 第24話「イガグリレース」(後半)

これで最後・・・!続きも頑張らねば・・・!!
しかも、都会編のEDに繋がる場面なので、先に都会編を書かねば・・・!


そして、コロンの「断る」というセリフに「だが」と付けたくなった自分自重。

と、いうわけで。

「マンキー達をこらしめてくれてありがとうナノ!」
「ソオォーナンスッ!!」
「いーのよいーのよ、わたし達もすっきりしたし」
「そーダネ」
「「「(あれは懲らしめるどころじゃなかったような気もする)」」」


と、5匹の会話にボク達が心の中でツッコミを入れる一方で、
5匹がお礼の話をしていたとき、


「まてやゴルァッ!!!」

と、どこかで聞いたような口調で
ものすごい顔のままのマンキー×3が現れた。


「さっきはよくもやってくれたな!」
「ガマンなんえぇ!!」
「「「ムキィー!!ヤッチマエー!!!」」」

何でそこでハモるんだと思いつつ防御態勢を取ったとき、

襲いかかる直前でマンキー達の動きが止まった。


「ちょ、ちょっと待て!」
「ク、クリのみだ!!」
「おい、全員集合!」

お礼として渡されたイガグリを見て、マンキー達が相談をし始めた。

「・・・何事?」
「相談してるみたいナノ」
「ソ-ダンス」

ソーナンスの一言に思わず吹いたのはさておき、

「なぁ、そのクリのみをくれないか?」
「え?」

唐突ですねマンキーさん。

「オレ達クリのみが大好物でよぉ、・・・ほら、イガグリってとげがあるだろ?
 よくイガグリをむいて食べようとするとチクチクして
 『ムキーーーッ!!』ってなっちまうんだ。
 頼む、お願いだからクリのみをくれないか?」
「断る」

即答のコロン。若干笑いながら。



中略。



マンキーの顔がさらにものすごいことになって再開。


・・・中略。


・・・・・・以下略。



結論:コロンはいわゆる『ドS』でFA。




「まぁ、なんつーか・・・」
「「「お疲れ様・・・」」」(疲弊

ボク達の方では、反省会が執り行われた。
色んな意味での反省会。


結局、結論は『あの3人を止めるのは無理』、
と言うことになったので内容は省略。


夕食用のリンゴを食べていると、

「・・・プラは?」
「フル、どうしたの?」
「大事な、話が・・・あるんだ」





翌日。

改築の応援にマグー達をつかせて、

ボク達はリル達のいる都会へと向かっていた。

フルの人脈のおかげで、いつも鳥ポケモンが送り迎えしてくれるとはいえ、

どうやって人脈を作ったんだろうなんて思った。


それはさておき、

『リル達に危険が迫っている。』

フルの話を聞き、急いで都会へと向かっているけれど、

・・・もしかして、ボク達が襲われたポケモン達の組織なのかな・・・?

そう思うと、少し怖かった。

まるで歯が立たなくて、悔しかった。

それを思い出して、ふと心に不安がよぎった。



第25話へ続く
スポンサーサイト
  1. 2008/05/18(日) 22:07:38|
  2. 田舎編
  3. | コメント:0
<<携帯から | ホーム | 田舎編 第24話「イガグリレース」(前半)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。